「おうち英語」の壁

英語学習の早期化が進み、幼児期から英語にふれるお子さんが増えていますね。

英会話スクールに通ったり、インターナショナルスクールに通ったり、自宅でお母さんが英語で子育てするケースも増えています。

小さいうちから自宅で楽しく英語に触れられるのは、いいことですね。

お子さまが小さいうちは、ご自宅でお母さんとCDを聞いたり英語絵本の読み聞かせをしたり、始めやすく楽しく英語に触れる機会を設けやすい「おうち英語」ですが、しばらくすると壁に当たってしまうことがあります。

当教室でも、「おうち英語を長く続けることは難しい」 というご相談をよく受けます。 幼稚園に上がったり、学校に行き始めたりするタイミングで、「おうち英語」は他の習い事のように時間が決まっていないのでどうしても後回しになってしまい、続けるのが難しい、というものです。お子さまが大きくなるにつれて、宿題があったり、 習い事が増えたり、物理的に時間を確保するのは、確かに難しくなってきます。

その場合は、習い事のように”一週間に一度1時間” といった纏まっと時間を確保するのではなく、スキマ時間をうまく使い 、毎日5-10分でも英語に触れる機会を作るようにしましょう。

また、おうち英語を続けていく難しさには、ご家庭での取り組み方がお子さまの英語力を伸ばしているのかの判断がつきにくい、ということもあります。

英語学習は長期戦です。何歳になった時に、どのレベルに到達していたいのか、まずは目標を立てましょう。そして、今どこのレベルにいるのか現在の立ち位置を確認し、目標到達までの道筋を立てるのがおすすめです。学習する上で見落としがちですが、現状を正しく把握することはきちんとした成果を出す上で非常に重要です。分かっていること、出来ていることとあやふやなことをきちんと整理することで、やるべきことが 自然と 見えてきます。

ご家庭での取り組み方でよいのかどうか、迷われたときは、「OTOKARA」の「おうち英語プログラム」をご活用ください。

「OTOKARA」は、おうち英語を応援します! ⇒ おうち英語プログラム